読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日を振り返って感謝する(u_u)

この1年間、仕事のことで
色々ありました。

一番の要因としては、人間関係。

その次に行動したことで得られる満足感というか達成感が得られなかったこと。かな〜(u_u)

結果としては、今の職場に落ち着いたわけなのですが。

自分の振り返りとしても記録に残すべく、ここで長々と?文にしてみようと
思いました。

私という人は、仕事に賃金はもちろんですが、同じくらいやりがいを求めて
働きます。

目的や目標を持って働くので、人とぶつかることが多々あります。

これではいけない!と様々な対策を練って動くのですが、功を奏することが
困難になるとテンションが下がり、
物事に対してプラスで考えられなくなってしまうのです。

こうなると気持ちがどんどんしんどくなっていきます。

どうしたらいいの(*_*)毎日笑顔を絶やさず頑張ってきたけど。

もう限界だよ〜(*_*)

このタイミングで救世主登場‼︎

(^-^)話しはいつでも聞くから!
辞めたら何にもならないよ。
貴方は前に進める人なのだから。

この言葉をかけてくださった方の人柄に一目惚れでした。

大事なのは、言葉じゃなくてその言葉を発するその人の相手に対する思い。
心があるかどうか。

それはその人の目を見れば
分かるのです。

なんというのか、オーラというのか
話を聞くだけで力が湧いて来る感じ。

こんな人いるんだな〜。

p(^_^)q 病みかけていた心が優しく温められた気持ちになり、元気が出てきました。

今までこの方の存在は知っていたものの、社内研修で一緒になった際に少し話した程度だったのです。

その時のことをこの方も覚えていてくださっていて、今回のこのお声かけだったのです。

人との出会い、繋がることの大切さを実感しました。

自分がこれまでどのくらい意識して、人間関係を築こうとしてきただろうか?

困っている先輩や後輩に温かく接してきただろうか?

難題に対して悩んで悩んで答えを出してきただろうか?

上に対して、アピールを積極的に行えたと言えるだろうか?

色々やり切ったつもりだったのではないだろうか?

直接の上司に思いが伝わらないと諦めたのではないだろうか?

チームの中に置いて、チームの一員であることを意識して働けていたであろうか?

外に向けて就活を始めた時、今いる自分の組織の大きさに初めて気がついた
のです。

この中でチームの一員として、働かせていただけることへの感謝の思いが
初めて生まれました。

そしてこの組織へチームへ貢献さえできていない自分に気が付きました。

私のこの思いは、みんなに話すと、固すぎると笑われてしまうのかもしれません。

仕事に責任を持って働き続けることって根底には感謝という気持ちが大切だなと実感しています。

長く勤めていると、怠惰になったり、驕り高ぶったりしがちです。

でも感謝の気持ちを根底に置いて仕事に臨むかぎりは、ぶれていかないと強く思うのです。

40過ぎにして、こんな大事なことをようやく学ぶことができ、嬉しいかぎりです。

人との出会いに感謝し、仕事ができることに対して感謝し、益々自己研鑽に励む毎日です。p(^_^)q