読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父の折り紙教室⁉︎飛行機飛ばし

夕ご飯が終わり、食べ終えた食器の山を片付けながら布団に入れるまでの時間が我が家で二番目にバタバタする時間かなと考えています。
ご飯を食べ終わり、満足した家族はそれぞれ自分の時間を過ごしています。
姉はリビングのテーブルで受験勉強に励み、父親は朝に読み損ねた分の何日か分の朝刊と夕刊を束ねて広げ読み始めた所です。
我が家の一番のやんちゃくれはというと…本棚の前に座り、読んでもらう本を選び始めている…。
『お母さん〜!これ読んで!』
私は食器洗ってるのよ目線を送り、
『お父さんにお願いしなさいね。』と返す。
『えぇ〜。(-_-)じゃあお父さん読んで!』
(≧∇≦)よし!食器片付け続行可能‼︎
食器片付けが終わり、コーヒーを入れて私も一息つこうかしらとリビングを振り返った所、やんちゃくれと父親の笑い声が。
本読みは終わり、いつの間にか折り紙の本を広げて、飛行機製作が始まってました!
『コレ、結構飛ぶよ!』と父親はすでに飛行機飛ばしに夢中。
部屋の隅から隅まで飛ばしたくて飛行機片手にあちこち移動しながら子どもそっちのけで飛ばしてました。
息子も、『こっちの方がもっと飛ぶよ』と楽しそうに張り合って遊んでいました。
何気ない一コマですけど、この一コマの父親のヘルプは大変有難いですね。
私のイライラ度を軽減させてくれ、コーヒーを飲んで一息をつくことのできる大事な時間となります。^_^
父親ならではだな〜と感心したのが、折り紙の本を見て、色々な飛行機の折り方に挑戦して見せて飛ばして見せるということをやってのけること!
私は(*_*)めんどくさーいと思ってしまうので、自分の知ってる折り方で飛行機作って飛ばしてハイおしまい!になってしまいそうです。
父親の作品です

この飛行機はかなり飛んでいました^_^
これは保育所で作ってもらったらしい
これらを使っての飛行機飛ばしは、
お風呂の時間まで続きました。^_^
お父さん、有難う。そしてお疲れ様でした(u_u)